過給器とは、スーパーチャージャー( supercharger)と言われ、圧縮した空気をエンジンに強制的に送り込む役割を担う装置を指しますが、これによって排気量以上のパワーを得ることも可能になります。過給器系のパーツを変えるチューニングは、チューニングの基本中の基本とも言えます。機械式スーパーチャージャー とターボ式スーパーチャージャーの方式に大別されます。機械式スーパーチャージャーは、クランクシャフトから得る動力やモーターの力で駆動します。ターボ式スーパーチャージャーの場合には、エキゾーストマニホールドから排気された排気ガスの内部エネルギーを使ってタービンを高速回転させ、その力で遠心コンプレッサーを駆動させます。スーパーチャージャーは、機械式かターボ式の別に関わりなく過給装置を表していましたが、今は「スーパーチャージャー」は機械式、「ターボチャージャー」はターボ式として書かれることがカタログなどでも多くなっています。機械式は、アクセル開度に対するレスポンスの優位性、低回転域における過給効果の高さなどがメリットとしてあげられます。低速ギアでの高回転運転も強要されることがなく、大排気量のエンジンやAT車に適しています。フラットトルクでターボラグがないことから検討すれば、MT車においても選択できます。対するターボチャージャーは、本来の排気量を超えて混合気を吸入・燃焼することから、最大限にポテンシャルを引き出すことができます。また熱効率が高く、燃料消費率の低減、排気ガス有害成分の減少などが期待できます。クレジットカード