アクチュエーターは、入力されたエネルギーを物理的運動に変換させる、機械・電気回路を構成する機械要素を指し、ものを動かす駆動装置とその動作を制御させる、機械的または油圧的装置です。一般的なものには、伸縮・屈伸・旋回といった単純な運動をするものに限られており、モーターなどの電動機やエンジンのような、動力を継続して発生させるものとは異なります。
主に、ソレイドアクチュエータと呼ばれる、電磁石から得られる動力を利用する装置や、航空機などに利用されている油圧によって駆動されるタイプもあります。さらに、形状記憶合金を使用して電流を入力することで発生する、ジュール熱を利用したタイプもあります。
この装置は、基本的にエネルギーを与えることで駆動し始めますが、他の装置に組み込む場合には、電気的信号によって制御できるように制御機構に組み込まれています。この制御方式はさまざまで、利用されるエネルギーの種類や装置自体の用途によって変わってきます。例えば、単純なスイッチやバルブによるもの、またそこからハンドルやレバーなどの操作部分に連結させてあるもの、さらには、大きなエネルギーを発生させるアクチュエータを駆動させるために、動力伝達装置に取り付けられた小型アクチュエータといった複雑なものまで、その用途はさまざまです。