ブローオフバルブとは、ターボチャージャー付きエンジンでスロットルバルブを開け閉めした際、ターボチャージャーとスロットルバルブ間の余った圧力を解放することにより、サージングを防止するための解放パーツの一種です。自動車エンジンのターボチャージャーのサージングはスロットルバルブを開け閉めした際起こります。その結果、再加速したときのスロットルレスポンスが悪化し、タービンブレードやタービンのメインシャフトが変形したり、壊れたりしたりといったことが起こります。これを防ぐことを目的として取り付けられます。とても便利な機能ですがその反面弊害もあります。余剰圧力を解放されることによる吸入空気量の減少は考えられていないため、エンジンコントロールユニット(ECU)の吸気量計算に悪い影響を与えてしまいます。高い過給圧を解放することにより、多すぎる燃料噴射の影響でスパークプラグがカブり症状を起こし、エンストやエンジン回転の息継ぎを起こすことがあります。最悪の場合には空燃比がひどく悪化してしまい、触媒が壊れてしまいます。この弊害を防ぐには最大過給圧を高く設定しすぎないことやエンジンコントロールユニット(ECU)の書き換えなどでこの圧力解放の量を考え燃調設定することなどがあります。