ターボチャージャーは軽自動車のような排気量の少ない車に対して、内燃機関の出力を増すために排気ガスの利用によりタービンを回転させて送風機を回し、シリンダーの中に新しい空気や混合器を圧縮して送り込む装置となります。排気ガスの廃棄エネルギーを使って内燃機関に備わる本来の排気量を超える混合器を吸入させて燃焼することで、排気量を超える出力が得られます。
軽自動車に導入されているものについては税制面で優遇され、もともと燃費が良くターボ化して燃費が悪化しても影響が及ばない点で、積極的にターボ搭載が行われました。ディーゼル車においてもターボ搭載は積極的に行われています。ディーゼル車はガソリンエンジン車に比べて回転率が狭く、ノッキング対策が不要なのでターボとの相性が良い車となっています。
ディーゼルエンジンは空気のみをシリンダー内に吸入して圧縮を行うので、ガソリンエンジンのように異常燃焼で問題とならなく、負荷域が少なくても排気が多く、ターボによる過給に適していることから、自動車以外にも鉄道車両や船舶、建設機械などの高速ディーゼル機関や、大型船舶といった低速ディーゼル機関による広範囲でターボが導入されています。